あんしん屋




カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

日本ブログ村

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ

お問い合わせ

カテゴリー

アーカイブ

お客様から感謝されながら

あなたに頼み続ける秘訣とは?


お客様があなたに対し『いつまでも仕事をお願いしたい!』と感じるほどに
「便利屋センス」をアップさせるメールマガジンはこちら
* は必須入力です。
便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会 メールマガジン登録フォーム
姓名 (姓)  (名)
メールアドレス*


便利屋がお金がない時に、やるべき事


0

    JUGEMテーマ:独立開業・起業



    こんにちは。
    便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
    相川 法明です。



    あなたが便利屋として、
    何か新しい事をしたくなった時・・・



    例えば、

    最近、ハウスクリーニング業界は
    競争がハゲ聞くなってきた・・・


    そこで、
    クロスの補修・回復サービスの技術を
    身につけたい・・・



    そうすれば、リフォームの形で
    クロスの補修・回復を請け負い、
    更に、ハウスクリーニングも
    受注してしまう・・・



    こんな事が、
    可能になってくるわけです。



    もし、不動産屋さんや、大家さんが
    原状回復工事と、ハウスクリーニングを
    あなたに頼むだけで出来るのであれば、
    受注の可能性も高くなりますよね。



    しかし・・・



    肝心な、クロスの補修・回復サービスに
    必要な、器具・工具、あるいはスキルを
    身につけるためには、お金が必要。



    でも、お金がない。



    そんな時、あなたはどうしますか?



    お金がない・・・



    よく言いがちな言葉ですよね。



    車を買いたいけど・・・お金がない

    事務所を持ちたいけど
            ・・・お金がない

    宣伝広告をしたいけど
            ・・・お金がない




    あなたは、その様に思った事は
    ありませんか?



    ハイ、そんな時
    便利屋がやるべき事は・・・



    『カードローンを利用する!』



    このように考えているあなた!



    一番危険です。



    カードローンは、誰にも
    相談する事なく解決してしまいます。



    だから、危険なんですね。



    では、一体どうすれば良いのか?



    それは、

    『融資を受ける!』です。







    『結局お金を借りるんですね。』



    そんな声が聞こえそうです。



    ハイ、結局お金を借りるんですが


    カードローンと融資では
    その性格が全く異なります。



    融資は、

    ・融資を受けるためには、
     金融機関に、なぜお金が必要か?
     説明する必要がある

    ・お金の使い方、返済方法を
     計画する必要がある

    ・利子が安い




    つまり、融資を受けるためには
    少なくとも、数人の人を
    説得する必要があるわけです。



    カードローンのように
    ATMで簡単にお金を
    引き出せないんですね。



    人を説得する事で、
    使い方が明確になり、

    くだらない事にお金を使ってしまう

    そんな暴走も防ぐ事が出来ますね。



    つまり、人に説明する事を
    考える事で、

    そのスキルは本当に必要なのか?
    その車は本当に必要なのか?
    今、広告を打つタイミングなのか?




    十分に検討する必要があるわけです。



    もし、金融機関の方に不備を
    指摘されれば、
    融資は降りないですから。



    そして、不備を指摘されたら、
    その不備について、考察する事が
    出来ますよね。




    そこが、融資を受けるいいところ。



    なので、便利屋がお金がない時
    やるべき事は、


    「融資を取り付ける」


    ぜひ、試してみてくださいね。



    考え抜き、緊張した分、
    お金を投資すると言う意識が芽生え
    成功の可能性がより高くなります。




    最後までお読み頂き有り難う御座いました。

    あなたと、直接お会いできる日が来る事を
    楽しみにしています。

    コメント
    コメントする