あんしん屋




カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

日本ブログ村

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ

お問い合わせ

カテゴリー

アーカイブ

お客様から感謝されながら

あなたに頼み続ける秘訣とは?


お客様があなたに対し『いつまでも仕事をお願いしたい!』と感じるほどに
「便利屋センス」をアップさせるメールマガジンはこちら
* は必須入力です。
便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会 メールマガジン登録フォーム
姓名 (姓)  (名)
メールアドレス*


便利屋さん、了解しました!


0

    JUGEMテーマ:独立開業・起業

     


    こんにちは。
    便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
    相川 法明です。



    あなたは、「了解しました」
    と言う言葉を普段使っていますか?




    私は、アマチュア無線をしているので
    「了解しました」と言う言葉を普段から
    よく使っています。







    さて、この「了解しました」の
    意味なんですが・・・


    「了解」とは、相手の事情や
    伝達内容を理解して
    「承認」する事。


    と有ります。



    という事は、


    認めるという意味合いが
    含まれる言葉なので本来は、
    上司が部下に了承の意を
    伝えるときに適した表現



    なんだそうです。



    つまり、お客様の依頼に対して、
    「了解しました!」と言う言葉を
    使う事はNGだったんですね!!




    正直、結構使ってしまっていました



    では、「了解しました」の
    代わりにどんな言葉を
    使えば良いのか?



    それが、

    「承知しました」という言葉。



    「承知」は、相手の事情を知る事
    分かっている事。

    相手からの申し入れや
    頼みをききいれるときに
    用いる言葉



    なんですね。



    つまり、お客様からの
    ご依頼や、ご要望を受けるときには、


    「承知しました」や「承りました」を
    使うのが正解なわけです。




    ちょっと細かい話かも知れませんが
    日頃から正しい言葉を使う習慣を
    身に付けておけば、
    恥をかかずに住みますね。



    なので、頭の隅にでも
    おいておいて下さいね。



    最後までお読み頂き有り難う御座いました。

    あなたと、直接お会いできる日が来る事を
    楽しみにしています。

     


    コメント
    コメントする