あんしん屋




カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

日本ブログ村

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ

お問い合わせ

カテゴリー

アーカイブ

お客様から感謝されながら

あなたに頼み続ける秘訣とは?


お客様があなたに対し『いつまでも仕事をお願いしたい!』と感じるほどに
「便利屋センス」をアップさせるメールマガジンはこちら
* は必須入力です。
便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会 メールマガジン登録フォーム
姓名 (姓)  (名)
メールアドレス*


便利屋は22世紀も対面作業〜テレワークは必要ない?


0

    JUGEMテーマ:独立開業・起業

     


    こんにちは。
    便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
    相川 法明です。



    今、テレワークが
    取り沙汰されていますね。




    『2024年には、会社がなくなる』



    これは、2014年に神田昌典さんが書籍

    「2022−これから10年、
             活躍できる人の条件」

     







    の中で言っていた予言です。



    もちろん、
    会社そのものがなくなるのではなく



    会社の有るべき姿が変わる・・・



    例えば、都内に有るオフィス



    今までは社員全員が、
    出社していました。



    なので、それ相応の規模が必要。



    しかし、テレワークの発達により、
    オフィスそのものが必要なくなる。


    あるいは、規模が縮小される。



    このようにして、
    現在の会社という形態が変わっていく。



    というもの。



    一方・・・



    便利屋はどうか?



    便利屋の仕事は、
    お客さまのお宅に行く仕事。




    もちろん、悩み事相談などは、
    テレワークでできる
    部分も有るでしょう。



    と言うか、
    電話、テレビ電話、直接対話

    を選択することになるでしょうが・・・



    でも、基本的には
    お客さまのお宅にお伺いしますよね。



    なので、便利屋は22世紀になっても
    対面での仕事です!!




    とはいえ、便利屋もテレワークの
    「イロハ」を知っておいたほうが良い。



    なぜなら、テレワークの悩みを
    抱えているお客さまが出てくるから。



    例えば、
    ・Zoomの使い方がわからな
    ・セッティングができない。
    ・自宅の環境を整備したい・・・




    そんな要望も出てくるでしょう。



    確かに便利屋は22世紀も
    対面での仕事ですが、
    世の中の流れを知るためにも
    あなたもテレワークをしてみませんか?




    最後までお読みいただき有り難う御座いました。

    あなたと、直接お会いできる日が来ることを
    楽しみにしています。

     


    便利屋必読!日本の未来を知る予言書


    0

      JUGEMテーマ:独立開業・起業

       


      こんにちは。
      便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
      相川 法明です。



      『相川さん、予言書だなんて・・・
       占いでも信じているんですか?』




      タイトルを読んだあなたは
      そう思ったかも知ません。



      が、しかし・・・



      未来というものは、
      全く予測できないものでも
      ないそうです。



      もちろん、
      宝くじの当選番号を
      予測することはできません。



      しかし、人間の活動などは、
      過去の歴史と、現在の状況を
      照らし合わせることで


      ある程度の精度を持った
      予測をすることが可能だそうです。




      そんな理論に基づいて、
      10年後の日本の未来を
      予言した本を先日読みました。



      主な予測としては、

      ・コロナショックの今後の状況
      ・トヨタの衰退
      ・気候変動による影響
      ・アマゾンエフェクト
      ・高齢化社会
      ・大企業の半グレ化
      ・日本の崩壊・・・




      日本の未来について
      能天気に考えていた私にとって
      冷水を浴びせられました。



      果たして今後、
      日本はどうなっていくのか?



      この未来を知っておけば、
      今から、対策を立てることが
      できますよね。




      なので、ぜひ
      あなたにも読んでほしい、
      「予言書」です。


      その本は、



      日本経済予言の書
      鈴木 貴博 著
      (PHPビジネス新書)








      最後までお読みいただき有り難う御座いました。

      あなたと、直接お会いできる日が来ることを
      楽しみにしています。

       


      今日から、2020年も後半


      0

        JUGEMテーマ:独立開業・起業



        こんにちは。
        便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
        相川 法明です。



        なんか、ありきたりの
        タイトルですみません。



        が、気がつけば、
        2020年も今日から後半!




        それにしても、2020年前半は
        私の人生で初めての経験をしました。



        きっとあなたも、
        同じでしょう。



        まさか、こんなご時世に
        なってしまうとは、
        誰も考えもしなかったでしょう。



        本来であれば、
        今頃、東京オリンピックで
        盛り上がっているはずでした。




        がしかし・・・



        今は、オリンピックどころの
        騒ぎではありません。



        このように、
        当たり前に思っていたことが
        当たり前ではなくなった。



        これは、私の人生にとっても
        とても大きな経験となっています。



        でも、考えてみれば、

        便利屋で仕事をする時、

        ・仕事の手順を考える

        ・想定外の出来事にぶつかる

        ・それを打開する方法を考える

        ・新たな手順を考える・・・




        この繰り返しですよね。



        今回の、出来事も、
        まさに同じこと。



        便利屋の仕事なんて、
        想定外の出来事が発生した時、
        本領を発揮するわけです。



        今回の、このコロナ禍も

        「想定外の出来事が起きた」

        と考えれば、
        それを打開する方法を
        新たに考えれば良い。



        ということですよね。



        そのためには、
        日頃の準備と豊富な知識が必要です。



        今日から今年の後半。



        一つだけ言えることは、

        例年通りには進まないことが
        目に見えています。



        そのためには、
        新たな目標を設定し直し、

        今現在考えられる
        想定外の出来事を設定し、
        準備しておくこと。




        そして、さらなる
        想定外の出来事に対して
        柔軟に対応できる心の準備も
        しておきましょう。



        とにかく、例年以上に
        不透明な未来が待っているのは
        間違いない。



        今から、
        心の準備をしておきましょう!!



        さらに、豊富な知識は
        とにかく、本を読むこと。




        特に、今回の場合、
        過去の歴史を振り返ることは
        大きなヒントとなるでしょう。



        例えば、スペイン風邪で
        世界的なパンデミックになった頃の
        本などは、参考になると考えています。








        歴史は繰り返すと言います。



        ぜひ、参考にしてください。



        最後までお読みいただき有り難う御座いました。

        あなたと、直接お会いできる日が来ることを
        楽しみにしています。

        便利屋さん、人恋しいんです。


        0

          JUGEMテーマ:独立開業・起業



          こんにちは。
          便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
          相川 法明です。



          先日、久しぶりに
          自宅近くに有るジョナサンへ
          家族とともに夕食に行ってきました。



          すると・・・



          なんと・・・



          コロナの影響も
          有るとは思うんですが・・・



          メニューがない!



          メニューにかわり
          タブレットになっているんです!








          まるで居酒屋のように、
          メニューがタブレットに置き換わり、
          店員さんにオーダーせずに
          注文する仕組みになっているんです。



          ファミレスも人手不足の対策で
          どんどん省力化が進んでいるんですね!




          そう言えば、コンビニにも
          セルフレジなんかが導入され、
          省力化が進んでいます。



          私はこんな状況・・・



          嫌いです!



          だって、寂しくありませんか?



          店員さんと、ちょっとした
          会話を楽しむのも、
          買い物の楽しみの一つ。



          その他の機会が無くなるなんて・・・



          仕方ないと言えば、
          仕方ないと思うんですが・・・



          やっぱ寂しい。



          こんなふうに思うのは、
          きっと私だけではないと思うはず。



          特に、人と接する機会が
          少なくなってしまった
          高齢者も同じだと考えられますよね。




          この先、各店舗の省力化が
          進んでいくと、こんな方々が
          頻発しそうです。



          ということは、今後
          「高齢者の話し相手」の仕事が
          増えていきそうな予感がします。




          やはり、人は人との関わりが
          大切な社会性動物。



          機械化が進めば進むほど
          人恋しくなっていくものですね。



          最後までお読みいただき有り難う御座いました。

          あなたと、直接お会いできる日が来ることを
          楽しみにしています。

          コロナに負けない便利屋が、今準備しておくこと


          0

            JUGEMテーマ:独立開業・起業



            こんにちは。
            便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
            相川 法明です。



            今、コロナウイスすが、なんとなく
            一段落ついて、経済活動も再開され
            平常な日々を取り戻しつつあります。




            でも、気を抜かないでください。



            なんとなく一段落ついている
            この感じは、日本が梅雨に向かい
            高温多湿の気候となっているから。



            また秋になり、気温が下がり
            湿度が低くなってくると、
            コロナの第二波が必ずやってきます。




            落ち着いている今だからこそ、
            第二波に備えて
            準備をしておきましょう!!







            さて、コロナの第一波でも
            日本の経済はかなりの打撃を
            受けました。



            それに、第二波が襲ってきたら
            さらに打撃を受けることでしょう。



            だからこそ、今から準備を
            しておく必要が有るんです。



            では、具体的にどんな準備を
            しておくのか?



            それは・・・



            お客さまを囲うこと。



            つまり、顧客管理をしっかりして、
            いつでもお客さまに対して
            ダイレクトメールを遅れる準備を
            しておくことです。



            考えてみてください。



            コロナの影響で、緊急事態宣言が
            出された時、飲食店はかなりの打撃を
            受けましたよね。



            その時、飲食店から、
            ダイレクトメールが
            何件届きましたか?




            テークアウトを始めたとか、
            そんなダイレクトメールが
            何件から届いたでしょうか?



            正直、私の家には
            一通も届いていません。



            それもそのはずですよね。



            一部の大手の飲食店を除けば、
            飲食店で、お客さま管理をしている
            お店は、ほとんどないですから。




            出したくても、
            出せないわけです。



            だから、コロナの時でも、
            昔ながらの町中華屋さんは
            強かった。




            なぜなら、昔の街中華屋さんは
            もともと、ご近所に料理を
            配達(出前)していたから。



            出前しているからこそ、
            お客さま管理が
            成されていたわけですね。



            だからこそ、DMではない方法で、
            既存のお客さまから、注文を
            取ることができていたんですね。



            昔ながらの出前の有る
            町中華屋さんは、この時期
            メチャクチャ忙しかったそうです。




            なので、私たち便利屋が、
            これからの第二波を生きていくためには
            今からでも遅くはないので、

            お客さま管理を充実させてください。



            安いお客さま管理ソフトでも
            十分使えるので、
            とにかく一歩を

            一人のお客さまを登録してください。



            その一人から、
            お客さま管理は始まります。



            最後までお読みいただき有り難う御座いました。

            あなたと、直接お会いできる日が来ることを
            楽しみにしています。

            | 1/10PAGES | >>