あんしん屋




カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

日本ブログ村

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ

お問い合わせ

カテゴリー

アーカイブ

お客様から感謝されながら

あなたに頼み続ける秘訣とは?


お客様があなたに対し『いつまでも仕事をお願いしたい!』と感じるほどに
「便利屋センス」をアップさせるメールマガジンはこちら
* は必須入力です。
便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会 メールマガジン登録フォーム
姓名 (姓)  (名)
メールアドレス*


便利屋の消費税も10%に


0

    JUGEMテーマ:独立開業・起業



    こんにちは。
    便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
    相川 法明です。



    今日から、消費税が
    8%から10%に
    上がりますね。








    もちろん、便利屋も同じ。



    しかし、便利屋の場合、
    軽減税率は関係ありません。



    なので、面倒くさくなくて
    良かったです。



    消費税率が変わった事で
    気をつけなければいけないのが
    集金の時。




    今までの習慣で、ついつい
    8%と言ってしまうと
    損してしまいます。


    気をつけましょう。



    そして、しばらく
    面倒になりそうな作業が・・・



    請求書



    請求書を書く時、
    今まで単純に8%で
    請求していますよね。



    が、しばらく、

    10月以前の作業と、
    10月以降の作業が混在する事に。




    なので、この10月をまたいで
    請求書を作成する場合、
    十分注意して請求しましょう。



    この税率を間違えてしまうと
    クライアントさんにも迷惑を
    お掛してしまいます。



    何度も見直して、
    請求書を作成してください。




    過渡期は、大変ですね。



    最後までお読み頂き有り難う御座いました。

    あなたと、直接お会いできる日が来る事を
    楽しみにしています。

    便利屋は、明日の100円より今日の1円


    0

      JUGEMテーマ:独立開業・起業



      こんにちは。
      便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
      相川 法明です。



      『明日の100円より、今日の1円!』







      これは、ベンリリーの研修の
      最終日に前田社長から
      言われた言葉です。



      便利屋というのは、
      基本的に「現金商売」!




      だから、

      『明日100円支払う』
      というお客様より


      今、今1円支払ってくれる
      お客様の方が確実だ!



      というたとえでした。



      なぜならば、

      現時点で、明日100円手に入る
      保証はありません。



      もしかしたら、
      お客様が逃げてしまうかも知れない。



      あるいは、
      会社だったら、
      倒産しているかも知れない。



      だからこそ、
      作業後に、今すぐ「現金」を
      もらう事が必要なんだ!!




      そんな事を教えてくれました。



      とは言え、特にBtoBでの取引は
      なかなか現金取引とは行かないのが
      現実。



      月末締めの、翌月末払い

      とか、

      月末締めの、翌々月末払い



      と言う、売り掛けが一般的。



      それは仕方がないとしても、
      その売り上げた金額が
      手元に入ってくるまでは、


      「安心してはいけない」
      という事。



      売り上げで安心しないで、
      その後、きちんと請求書を提出し
      入金を確認する。




      このような、
      売り掛け管理を
      しっかりしてくださいね。



      最悪なのは、
      仕事したにもかかわらず、
      請求しなかった




      そんな事も、
      実際あったりします。



      絶対に、気をつけてください!



      便利屋は、
      明日の100円より、今日の1円



      肝に銘じてくださいね。



      最後までお読み頂き有り難う御座いました。

      あなたと、直接お会いできる日が来る事を
      楽しみにしています。

      便利屋さん、引っ越しっていくらですか?


      0

        JUGEMテーマ:独立開業・起業



        こんにちは。
        便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
        相川 法明です。



        『一人暮らしなんですけど
           引っ越しするのに
             いくらかかりますか?』








        このような電話って、
        結構あります。



        もし、あなたがそんな
        電話を受けたとしたら
        どのように答えますか?



        『単身パックで〇〇円です!』



        もし、
        こんなふうに答えてしまったら、
        かなりヤバイです。



        なぜなら、単身パックと言っても
        単身パックは、荷物の量が
        決まっているから。



        つまり、

        ある規格内であれば、〇〇円ですよ

        と言う話。



        なので、その企画を明確に
        伝えなかったら・・・


        あなたは、
        悪夢を見る事になるでしょう。




        まあ、そんな事は
        わかっていますよね。



        実は、問題はこれから。



        一人暮らしの引っ越しと
        一口に言っても、

        その荷物の量は
        人により様々。




        よくお問い合わせの電話で、

        『一般的にはどのくらい?』

        と聞かれますが・・・



        正直言って、
        一般的がどれくらいなのか?
        私にもわかりません。



        何しろ、お客様が思っている

        「一般的」の一般って
        どのくらいの事を指しているのかが
        わかりませんから。



        なので、下手な事を言ってしまうと
        後で取り返しの付かない事に
        なってしまうんですね。



        で結局、面倒でも
        引っ越しの見積もりをするためには

        現場に行って、
        見積もりをするのが一番いいんです。




        よく、

        『見積もりに来るんだったら結構です』

        と言われる事は、正直あります。



        しかし、見積もりにさえ
        行かせてくれないお客様は

        ・引っ越しを真剣に考えていない
        ・見積もりだけ、冷やかし
        ・便利屋さんって、ちょっと不安



        と言った場合がほとんど。



        なので、
        心配する必要はありません。



        ただ、そのようなお客様の場合でも
        無下に断るのではなく、

        あなたの便利屋の料金体系を
        きちんと説明した上で電話を
        切るようにして下さいね。




        こうする事で、
        三番目の「ちょっと不安」と言う
        お客様を取りこぼす事
        が少なくなります



        引っ越しの見積もりを
        適当にしてしまうと
        本当に痛い目に遭います。



        気を付けて下さいね!!



        最後までお読み頂き有り難う御座いました。

        あなたと、直接お会いできる日が来る事を
        楽しみにしています。

        便利屋の一人暮らしの引越し


        0

          JUGEMテーマ:独立開業・起業

           


          こんにちは。
          便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
          相川 法明です。



          『一人暮らしに引っ越しなんですが、
           だいたい、いくら位ですか?』








          時々、こんな問い合わせが有ります。



          あなたなら、何と答えますか?



          実は、この質問に答えるのは
          とても大変。



          なぜだかわかりますよね。



          何しろ、引っ越しは、
          様々な要素を積み上げないと
          金額が出ないからですね。



          例えば、

          ・荷物の量
          ・引っ越し先への距離
          ・建物の階数
          ・一戸建てか、集合住宅か?
          ・エレベーターは有るのか?



          などなど・・・



          なので、人によって
          全然違うわけです。



          この違いを電話だけで聞くとなれば
          何時間も掛かってしまいます。



          つまり、電話だけでは、
          おおよその金額なんて
          出せないんですね。




          しかも、下手に金額を行ってしまうと
          大変な事になりかねません。



          なので、その様な場合、私は
          『見積もりにお伺いします』と
          言うようにしています。



          例えば、こんな風に伝えます。


          『一人暮らしの引っ越しで今まで何度も
           作業したんですが・・・

           今までの金額が、最低8千円
           最高が12万円でした。

           なので、実際にお宅を拝見してみないと
           金額が出せないんですね。

           そして、電話で金額が出してしまって
           金額が大幅に違ったりすると
           トラブルの原因になってしまいます。

           ぜひ、お客様のお宅にお見積もりに
           お伺いさせて下さい。』



          と言うようにしています。



          これ本当の話なんです。



          荷物の量にしても、同じ一人暮らしで
          軽トラ1杯のお客様もいれば
          2tトラック4代のお客様も
          いらっしゃいました。



          本当に、不思議ですが、
          これも事実なんです。



          なので、たかが一人暮らしの引っ越し
          と侮らないで下さいね。




          どんな引っ越しでも、
          見積もりにお伺いするのが
          一番だと考えています。



          最後までお読み頂き有り難う御座いました。

          あなたと、直接お会いできる日が来る事を
          楽しみにしています。

           


          売り方が気に入らねぇ


          0

            JUGEMテーマ:独立開業・起業

             


            こんにちは。
            便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
            相川 法明です。



            『1個10円!』



            私がこう言うと
            私の商品の前には
            佐藤に集まるありのごとく
            人が集まって来ます。



            そして、
            商品がドンドン売れていく



            この光景をみつのが楽しみで、
            朝早くから起床し
            フリーマーケットに出店してました。



            しかし、そんな私の姿を
            強面の男が見ていたんです。




            その強面の男・・・



            半袖のシャツから、
            見える彫り物、間違いなく
            背中一杯に彫っている感じです。








            今まで、何度か見かけた
            人なんですが、一度も話した事が
            ない人です。



            だって、怖いですから。



            ある時、その強面の男性が、
            私に声を掛けてきました。



            『おまえ・・・
             売り方が気に入らねーなぁ・・・』




            私は、
            『うわ~ぁ、ヤベー』と内心思いつつ・・・



            『俺だったら・・・


             3個100円で売るな。
             それでも絶対に売れるぞ
             今度やっみな!』




            そんな風に言われたんです。



            いやいや、
            因縁をつけられると思ったら
            商売のイロハを教わってしまいました。



            私は、その強面の男の人に
            感謝をし、次回試してみる事に。



            そして、
            フリーマーケット当日・・・



            『3個100円!』
            私が声を上げると・・・




            それでも、くろだかりの人



            ほとんど、1個10円の時と
            変わらないんです。



            その時、強面の男性がやって来て

            『俺の行った通りだろ!』

            と嬉しそうに言ってくれました。



            私は感謝をし、その人を
            師匠と呼ぶ事にしました。



            それにしても
            値段を3.3倍に跳ね上げているのに
            それでも、売れちゃうんですから。



            嬉しくなっちゃいますよね。



            もちろん、売り上げも大幅アップ!



            言う事ありません。



            その事から、
            安くするだけでは、
            利益が出ない事を学んだんですね。




            適正料金で売れば、
            適正な利益が出るわけです。




            やはり、価格競争に巻き込ませられない
            仕組みを作る事が大切なんですね。




            そんな事を学んだ
            フリーマーケットでの経験でした。



            最後までお読み頂き有り難う御座いました。

            あなたと、直接お会いできる日が来る事を
            楽しみにしています。

             


            | 1/4PAGES | >>