熱狂的なファンを大量生産し

喜ばれながらお金を稼ぐ秘訣とは?

お客様があなたに対しお金を払うことが、義務だと感じるほどに
「便利屋センス」をアップさせるメールマガジンはこちら
* は必須入力です。
便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会 メールマガジン登録フォーム
姓名 (姓)  (名)
メールアドレス*


大爆発するところでした!


0

    JUGEMテーマ:独立開業・起業

     


    こんにちは。
    便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
    相川 法明です。



    ガスボンベって、ご存知ですよね。



    プロパンガス、酸素、窒素、フロン・・・



    この様な、気体や液体を
    貯蔵・運搬するための容器ですね。








    もちろん、スプレー缶も
    ボンベの仲間です。



    で、今日は図プレー感のような
    小さなものではなくて、
    もう少し大きいボンベの
    話をシェアーしますね。



    イメージとしては、
    プロパンガス用のボンベと
    考えて下さい。



    で、このボンベ



    基本的な素材は
    鉄やアルミ

    そして、バルブの部分は
    真鍮



    なので、スクラップ工場に持っていけば
    スクラップとして、買い取ってくれるのか?




    と思いきや・・・



    買取ってくれません。



    なぜならば、
    中に液体とか、ガスが残っていたら
    面倒な事に成りますから。




    なので、ボンベは
    買い取ってくれないどころか
    引き取っても暮れません。




    これは、使い切っていてもダメ



    『では、どうしたら良いの?』



    と、スクラップ工場の人に聞くと



    『割って持ってきて』との事



    ボンベを半分に切りって
    割って持ってくれば
    買い取ってくれるとの事




    『じゃあ、割っちゃおう!!』



    などと、考えたら、
    大変な事に成るので、
    絶対にやらないで下さいね。



    もし、そのボンベが
    プロパンガスのボンベで、
    バルブを全開にして、
    ガスが出なかったとしても・・・



    ボンベの中には、
    気体の状態で、プロパンガスが
    残っているんです。



    それを知らずに
    ディスグラインダーで
    切ったりしたら・・・



    火の粉が入って、
    大爆発してしまいます。




    だからこそ、
    スクラップ工場も
    やらないんですね。



    また、ボンベ内の
    内容物によっては、
    大気中に放出できないものも
    有ります。



    なので、ボンベの処分は
    専門の処理業者に任せましょう。




    後悔先立たずですね。



    最後までお読み頂き有り難う御座いました。

    あなたと、直接お会いできる日が来る事を
    楽しみにしています。

     


    | 1/823PAGES | >>