熱狂的なファンを大量生産し

喜ばれながらお金を稼ぐ秘訣とは?

お客様があなたに対しお金を払うことが、義務だと感じるほどに
「便利屋センス」をアップさせるメールマガジンはこちら
* は必須入力です。
便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会 メールマガジン登録フォーム
姓名 (姓)  (名)
メールアドレス*


何もない部屋を作ってみる


0

    JUGEMテーマ:独立開業・起業

     


    こんにちは。
    便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
    相川 法明です。



    親と子の、生前整理で起こる
    親子喧嘩の仲裁について
    シェアーしています



    親子喧嘩の原因のほとんどが
    捨てたくない親と、
    物を片付けたい子との
    考え方の違い。




    当然、話を切り出すのが
    子供が側からに成りますよね。



    例えば、こんな事を
    子供が親に言う訳です。


    『いらない物を残されても
      困るんだけど・・・』

    「遺品整理って、
      お金が掛かるんだから・・・』




    とは言え、実は親の方にも

    『片付けないと・・・』

    という気持ちも有るんです。



    ただ、何から手を付けていいか
    わからない場合が多いんですね。



    そんな時、
    一番手を付けやすい所が



    『子供部屋』



    そう、かつて自分の部屋だった所



    ほとんどの親は、
    子供部屋の片付けをしません。



    出ていった時のままなんですね。



    理由は、
    子供に文句を言われたくないから



    なので、
    かつて自分の部屋だった所から
    片付ければ、簡単ですよね。




    そして、

    『まず子供が
      見本を見せる事が大切』




    とアドバイスする訳です。



    そして、基本的に、
    何もない部屋にするんですね。



    そして、

    『長い事ごめんね』と
    親に伝え、



    『これで孫が好きなだけ
      ハイハイできるね』

    『ここなら、ヨガやストレッチ
      趣味部屋にも出来るね』



    と伝えてもらうんです。



    実は、私たちの親世代は、
    やたらと部屋に物を詰め込みたがる世代



    この様にして、
    何もない空間の良さをアピールするんです。







    子供世代が自ら進んで
    部屋の片付けを始め
    その様子を見せる事で
    親の気持ちを動かす事が出来る訳。



    そのうえで、
    親の物に取り掛かっていく事で、
    スムーズに事が進みます。




    ただ注意したいのは、

    『親の縄張り』には、
    手を出さない事。




    親の縄張りは、
    『寝室と台所』



    そこは、最後の最後にして下さいね。



    ここに手を出すと
    親の機嫌を損ないかねません。




    その事を必ず伝えて下さいね。



    最後までお読み頂き有り難う御座いました。

    あなたと、直接お会いできる日が来る事を
    楽しみにしています。

     


    | 1/784PAGES | >>